プロフィール

Author:SaNa
最近のミニカーに驚き、
ウェッブの情報に付いていくのがやっとのおじさんです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚しようよ 特別版結婚しようよ 特別版
(2008/08/20)
三宅裕司真野響子

商品詳細を見る


三宅裕二主演の「結婚しようよ」DVDがAmazonから届きました。

封切の時も見たのですが、特別版ということでオーダーしてしまいました。
といっても、メイキングとインタビューのDVDと、ブックレットのおまけです。

ストーリーと言うか映画とて絶対お勧め、とはちょっといいずらい作品です。
やっぱりあの時代の思い入れで見てる部分がおおきいので、レビューで
すごくほめてるのをみると、ちょっと違和感があります。

でも、今の時代の親子関係を考えるのにはいいかも。
スポンサーサイト
久しぶりに本屋に寄ったら、こんなムックが出てました。
田家 秀樹さんのインタビューや加川良さんの「加川良の手紙」については面白かったです。

吉田拓郎読本 (CDジャーナルムック) (CDジャーナルムック)吉田拓郎読本 (CDジャーナルムック) (CDジャーナルムック)
(2008/07/16)
不明

商品詳細を見る


閑話休題
暑い夏です。夏と言えばワインは「スパークリング」だそうです。
良かったらこちらへもお越しください。

スパークリングワイン

好きな人たちは「泡」って言うんですね。
昔の曲の事を調べていると、自分の記憶と聞いてた実際の時期とのズレが時々あります。
中学の時に、と思ってたのが実際は高校の時だったり、その逆だったりです。

それで、記憶にある曲の発売日を調べてみました。

1966年6月25日 バラが咲いた マイク真木
1966年7月1日 いつまでもいつまでも ザ・サベージ
1966年8月1日 若者たち ザ・ブロードサイド・フォー
1966年9月5日 空に星があるように 荒木一郎
1966年10月1日 星に祈りを ザ・ブロードサイド・フォー
1966年10月15日 この手のひらに愛を ザ・サベージ
1966年11月5日 想い出の渚 ザ・ワイルドワンズ
1967年5月15日 世界は二人のために 佐良直美
1968年2月25日 受験生ブルース 高石ともや
1968年4月1日 長い髪の少女 ザ・ゴールデン・カップス
1968年7月1日 海は恋してる ザ・リガニーズ
1968年8月1日 あなただけに ジローズ
1968年9月25日 友よ 岡林信康,高石友也,フォーク・キャンパーズ
1968年10月5日 小さな日記 フォー・セインツ
1968年3月25日 小さなスナック パープルシャドウズ
1968年3月21日 悲しくてやりきれない ザ・フォーク・クルセダーズ
1969年1月10日 風 はしだのりひことシューベルツ
1969年1月15日 白いブランコ ビリー・バンバン
1969年5月8日 遠い世界に 五つの赤い風船
1969年5月14日 或る日突然 トワ・エ・モワ
1969年7月15日 いいじゃないの幸せならば 佐良直美
1969年9月1日 あなたの心に 中山千夏

関西系の人の曲は、コンサートなんかでレコードになる前から聞いてたので、
記憶との違いができるんでしょうね。
古川豪さん、懐かしい名前ですね。(現役のプレイヤーに失礼ですが)
京都の新大宮で薬屋さんを営みながらの活動なんですね。
薬屋の楽屋
「まるごと古川豪の部屋」と副題がついてます。
コンテツの「60年代からの写真館」見ごたえがあります。
じっくり見るとあの時代がよみがえる、と言うと大げさですかね。

この人も、オープンバックのロングネックを引いてましたね。いまもですが。

もう一人。北村 謙さん
この人は、フォークの好きな人にはなじみがないのかな?
私の場合は、円山公園の春と秋のブルーグラスのコンサートとKBSのラジオかな。

スリーフィンガーは当たり前なんですが、Clawhammerの教本を出してるのは知りませんでした。
「少年倶楽部」の1stは、当時よく行ってたカントリーのレコード屋さんで聞かせてもらい購入しました。

スリーフィンガーの時は当然BluegrassのBanjoですね。でもClawhammerはやっぱりロングネックなんですね。

Pete Seegerの影響って大きいんですね。


高校時代、名古屋ではサンデーフォークもいろんなコンサートを開いてました。

その中で、確かプロになる前のジローズが名古屋で広めた曲がこれです。

とっても小さな つぶらな瞳を
曇らせて泣いている そんなこども達
祈りを込めて 今日も生きてゆく
そんな幼い子どもを 誰かがみて欲しい

煙にくすぐ 夕陽が落ちてから
油に汚れた体につける制服 とても疲れて重たく
見上げる先生の 力のこもった
その手には 愛の白墨

いつまでたっても 僕らの世界は
日本の歴史に生まれる まま子の世界なの
小指をからませて 今日も誓い合う
人の力になりたい そんな心を

その頃の友人に聞いても、みな知らないと言うし。
でも、学校でもよく歌ったんですがね。

確か夜間中学の事を歌ったものだと記憶してます。

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。